節約のコツを知りたい方に

引越し費用を節約したいなら業者に頼まず自力でやろう

引越しを自力でやろうと考える人もいると思います。
たしかにワンルームマンションの一人住まいで、荷物が少ない場合には、
自力で引越しをすることも不可能ではありません。

 

自力で引っ越す場合のメリットは、次のようなものになります。

 

・費用を安く抑えられる可能性がある。
・引越し業者のペースではなく、自分のペースで引越しできる。
・繁忙期の3月〜4月でも、自分が好きな日にちを選べる。

 

ただしこの費用については、十分な検討が必要です。

 

 

自力で引っ越す場合の費用は安いの?

 

引越しを自力でやってしまえば、引越し業者に料金を払う必要がありませんから、
安く引越しできるように思うと思います。
ただしこれは、必ずしもそうとはいえない場合がありますので注意が必要です。

 

まず自力で引っ越す場合にも、お金がそれなりにかかってきます。

 

レンタカーは、ワンボックスなら6時間でも1万円くらいかかります。
友達に手伝ってもらえば、やはりお礼をしたり、食事をおごったりする必要も出てきます。

 

引越しは、50km以内の近距離であれば、引越し業者でも25,000〜30,000円程度で
できる場合があります。
またさらに赤帽を使えば、10,000〜15,000円くらいの費用で済みます。

 

さらに引越し業者を使えば、荷物や家を破損した場合に補償がきくのに対し、
自力で引っ越す場合には、補償はありません。
素人が荷物を運べば、破損の可能性は決して低くはありません。

 

ですから自力で引っ越す場合には、かならず費用をすべて計算し、引越し業者の
見積もりもとってみて、本当に安いのかどうか、きちんと確認する必要があります。

 

 

搬出ができない場合もあるので注意

 

引越しは、搬入を友達などに手伝ってもらうことは可能になるでしょう。
ところが長距離を引っ越す場合には、引越し先に友達がおらず、搬出が困難になる
場合があります。

 

自力で引越しをする場合、搬入と搬出の両方がきちんとできるのか、
あらかじめ確認が必要です。